年金でお金を借りる方法

年齢制限などでカードローンやフリーローンが借りられないという方や、障害年金受給中で安定した職業につけないためローンの審査が通らないという方のために年金でお金を借りる方法を紹介します。
年金でお金を借りる方法として認められているのが、年金担保融資制度です。ただし、こちらは通常生活資金として利用すべき年金を担保にする借り入れ方法なので資金使途などによっては利用できないこともあります。また借り入れ希望金額も、本人の個人信用情報などによる審査の結果ではなく現在いくらの年金をもらっているのかによって変わります。裏を返すと、たとえ以前銀行や消費者金融などからの借り入れで信用情報に傷がついていても年金を受給していることさえ証明できれば申込むことが可能な借り入れ方法と言えます。
前述の資金使途の条件についてもう少し詳しく説明すると、年金でお金を借りられるのは医療費や冠婚葬祭費など日常生活において突発的に発生した費用の他に、現在ある他の借金のおまとめのみとなっています。医療費や冠婚葬祭に使う場合は請求書や見積もりを提示する必要があるので準備しておく必要があります。また他の債務のおまとめですが、年金を担保にしたこちらの融資は利率が年2%前後と通常の金融機関で借りる利率よりも抑えられるので借り換える方がお得と言えます。この場合も現在の債務を証明する書類が必要になるので、借りている金融機関に問い合せておくと良いでしょう。
http://xn--t8j5c8de7a00a7b1846amfbt6fcs0g4oa685ebl2j.com/

Comments are closed.